FC2ブログ

[オクサマDIY]アイアン表札の取り付け。

小林 ゆう

70ahlvdxnhdgh17a4.jpg
 

家の顔とも言えるべき「表札」。

最近は防犯の面から、表札を出さないという方も増えているみたいですが、
一戸建ての場合はやっぱり表札をつける方は多いかな?と思います。
我が家も、my homeを手に入れたからには、気に入った表札を出したい!と思っていました。

が、最近は色んな表札があって、どれにしようか悩んじゃいますよね~^^;。
我が家の門扉は、黒いアイアン素材なので、表札もそれに合わせて黒アイアンにすることにしました。
アイアン表札を作っているお店をインターネットで探し、我が家の雰囲気に合ったモノをオーダーしました。

価格は、?27,000円。

注文住宅だったり、新築だったりすると、
表札の取り付けは施工時に一緒にお願いしたり
また引渡し後アフターサービス的にも頼めたりできると思うのですが、
中古住宅を購入した場合、取り付けも自分達で行うか、
自分達で取り付けてもらえる人を頼まなければならなかったりします。

こういうのって、とにかく人件費が高いので
自分で取り付ければ、材料費のみで済みます…!(笑)

取り付け方法は…。
①電動ドリルで7mm位の大きさの穴をあけて
②ボンドを注入し丸棒を差込みます。
とのこと。

とりあえず、家にあった電動ドリルで
穴開けてみよ~!と挑戦…。

…まったく開きません。

電動ドリルのパワーが弱いのかな?と思って
近くのホームセンターのレンタル工具をチェックしてみたのですが
レンタルされている工具は
うちにある電動ドリルと同程度のスペックのものでした。

もうちょっとパワーのある電動ドリルを買うべきか
それとも、業者さんに取り付けをお願いするか悩みつつ
電動ドリルの売り場を眺めていたら…。

あ、「コンクリート用の電動ドリルの刃」発見。
父から譲ってもらった電動ドリルの刃は
鉄鋼、木工用の刃だったようでした。
(スイマセン、めっちゃめちゃ素人で…)

とりあえず、コンクリート用の刃を購入して再挑戦。
…お、少しずつ削れてるかも?!
少し体重をかけながら、押し込んで行くと穴が開けられました。

開いた穴に「鉄とコンクリート用のボンド」を注入し、
そして、表札の裏についていた丸棒を差込ました。

うわーい、取り付け完了!
オクサマでもアイアン表札取り付けできました(笑)。

ちょっと浮かせた位置で取り付けてあるので
陰影ができるところが気に入っています。




くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply