FC2ブログ

ARTICLE PAGE

【秋冬で美肌を手に入れたい!基礎化粧品、あなたに合うのはどれ? ESSEフェス 2017】

基礎化粧品をチェックしていきましょうー。
秋冬こそ、美白、美肌を手に入れるチャンスなんだそうです。
外からと中からのアプローチをリサーチしてきました。

CMなどでも、良く目にする人気の商品ばかりなので、
気になっていた方、宜しければチェックしてみて下さいね。

肌ラボ 極潤ヒアルロン液|ロート製薬


P9255238.jpg

潤…!あ、スミマセン、潤に反応してしまう嵐ファンです。

CMなどでもお馴染み!なんだけど、使ったことがなく、
また、「ロート製薬」さんの商品だということに気づいてませんでした。

ロート製薬と言えば、目薬!
目薬にも含まれる「ヒアルロン酸」をたっぷり配合したのが、このヒアルロン液なんだそう。

1gで6リットルもの水分を保持することができるヒアルロン酸。
目薬でその効果を実感している方も多いかもしれないですね。

発売は2004年、もう10年以上の歴史をもつ化粧水なんですね。
会場でもこれまでに使用したことがあるという方が沢山いました。

肌が本当に求めるうるおいを追求した、「極潤」。うるおい成分であるヒアルロン酸にこだわり抜き、必要のないものはできる限り削ぎ落として、配合成分と容器をシンプルにしました。
「極潤ヒアルロン液」は、 3種類のヒアルロン酸(うるおい成分)*を配合。うるおいをまっすぐに肌に届けるために作ったシンプルな化粧水。たっぷりうるおい、吸いつくようなもちもち素肌に。
顔・体・髪の毛にも。老若男女、誰でも使える。シンプルな処方設計。弱酸性。無香料・無着色・オイルフリー・アルコールフリー。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み。(すべての方に刺激が起こらないというわけではありません。)

*うるおい成分:加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na



ヒアルロン液だもんね、なんともストレート!
”必要のないものはできる限り削ぎ落として、配合成分と容器をシンプルにしました”
シンプルな成分というのは、分かりやすくて安心感もありますね。

手で押し込むように、浸透させるんだそうです。
出した時はトローっとしているのですが、肌に馴染ませるともちもちに。
そして、しばらくすると水分は保たれている感はあるものの、肌表面はさらっとします。

顔だけでなく、身体や髪の毛にも使えるそうです。
手の甲など、年齢が出やすいところにたっぷり使うととても良いです!

シンプルに「ヒアルロン酸」を取り入れたい方に、おススメです。

極潤ヒアルロン液は入浴剤として使う裏技も


メーカーの方が紹介して下さった裏ワザが「入浴剤として使う」という方法です。
お風呂に入れる量はお好みで…ということですが、
500円玉3個分くらいから試してみると良いですとのことでした。
奮発して、1本まるまる投入しちゃう方もいるそうですよ。


■肌ラボ 極潤ヒアルロン液、詳しくはこちら⇒ click


トランシーノ薬用スキンケアシリーズ|第一三共ヘルスケア


肝斑の治療などでもお馴染みのトランシーノシリーズです。
気になるシミ、ソバカス、肝斑、炎症後の色素沈着などでお悩みの方、ちょっと読んでみて下さいね。

2017-09-25-12-22-45.jpg

冬は美白ケアの効果が出やすい季節。
年齢と共に、なんだか黄色いくすみ肌になっているので、美白ケアに挑戦してみようと思います!

紹介いただいたのは、「薬用美白クリーム」です。

紫外線を浴びると、肌細胞から、メラノサイトに対してメラニンを作らせる情報が伝達されます。これが「しみ情報」です。美白有効成分トラネキサム酸がその「しみ情報」の中のプラスタグランジンなどをブロックすることでメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます



プロスタグランジンというのは、情報伝達物質です。
トラネキサム酸について、詳しくはこちら⇒ click

製薬会社ならではの化粧品シリーズですね。

クリームも心地良い使用感でしたが、さらに私が気になったのは、
肝斑の治療薬「トランシーノII」、しみ・そばかすの治療薬「トランシーノ ホワイト」です。

2017-10-01-11-51-21.jpg

外からのケアも大事だけれど、内側からのケアの効果が気になる!

日光黒子と呼ばれるシミ(いわゆる一般的なシミです)があるんですよね、左目の下くらいに

トランシーノ ホワイトCが効くらしい。
どれくらいの期間服用すれば、効果がでるのか?というと、
肝斑の治療薬トランシーノII は、約2ヶ月。
しみ・そばかすの治療薬トランシーノ ホワイトCは、大体3ヶ月くらい続けると効果を感じられるようになるそうです。
ただし、常に紫外線を浴びるので、追いかけっこのような部分もあるそうですが…(それはそうですね!)。

特に、トランシーノ ホワイトCが良いなー!と思ったのは、
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
のビタミンCの補給にも効果があるんだそうです。

「妊娠期、授乳期にも問題なく服用していただけると表示できる製品なので、
サプリメントなら安心、医薬品は心配…と思われるような方にも、
成分などを確認していただき、安心して服用してもらいたいです」


とメーカーの方も、おっしゃっていました。

もちろん、食べ物から摂取できるのが一番だけれど、それだけの栄養分を取ろうと思うと
難しい…いや、むしろ太ってしまいそうなので、上手に利用していけたら良いなぁと思っています。
体調&シミ改善の為にも、まずは3ヶ月試してみようかな!と思います。

■トランシーノブランド 詳しくはこちら⇒ clock


DHC薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニング| DHC


2017-09-25-12-33-13.jpg

すでに私も愛用しております、DHCの薬用Qオールインワンジェル!

30代前半に、むくみが酷かった時期があり、薬剤師さんに相談したところ
「コエンザイムQ10が良いですよ」と言われて、コエンザイムQ10のサプリを飲んでいた時期があります。

コエンザイムQ10は、電子伝達系において補酵素 (コエンザイム) として
体内のエネルギー単位であるATP (アデノシン三リン酸) の産生に関与しています。
また、抗酸化物質としても注目されています。

体内で大切な働きをするコエンザイムQ10ですが、20歳をピークに減少してしまうんだそうです。
薬用Qシリーズは、そのコエンザイムQ10をこれまでの10倍濃度配合した贅沢なシリーズなんですね。

そして、1つで化粧水・ミルク・クリーム・パック・化粧下地の5役をこなすオールインワンジェルです。
ジェルっていうよりも、クリームって感じですが。

大体1年くらい使っていますが、肌がふんわりしてきた感じがします。
肌トラブルも減ってきました。
なにより、ケアがワンステップだけなので、ラクなんですよね。

朝は少量で化粧下地として、夜は少したっぷり使ってパック効果と、
使用量を調節することで、好みの効果を得ることができます。

ちなみに、実はこのピカピカした紫色の容器があまり好きではなかったのですが、
遮光して品質を保持する為に必要なんだそうです、なるほど、そうでしたか。

■DHC薬用Qクイックジェル モイスト&ホワイトニング 詳しくはこちら⇒ click


気になるアイテムは見つかりましたか?


気になっていた製品などありましたか?

ほんとーに、美容に疎いので、新商品や成分紹介などをしていただけてとっても助かっています。
それだけに、私のような人に、この記事が届くと良いなぁと思っています。

そして、最後に、DHCの担当の方が教えて下さったこと。

「スキンケアの効果を上げるのに、一番大事なのは心」
「潤ってる!」「改善されてる!」と楽しい気持ちでスキンケアをした方が効果をより上げることができるとのこと。

そうですね、肌の調子は心と繋がっています、なにごとも、心の持ち様が大事なんでしょうね…。

それぞれの開発者やメーカーの想いがたっぷり詰まったプレゼンでした。
必要としているモノが必要としている方に届きますように!




thankyou.jpg


くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ



関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらしとわの最新情報をお届けします

Twitterで@kobayashiyouをフォローしよう!

Comments 0

Leave a reply