FC2ブログ

【収納デザインサポート 事例①】オハナゆめキッズハウス病児保育室(キッズケア ブルーム)

小林 ゆう

くらしとわは、地元密着の整理収納サポートを行わせていただいております。南流山にオープンしたオハナゆめキッズハウス病児保育室(キッズケア ブルーム)さまの収納デザインを行わせていただきました! 

と言うても、週に3日は某研究所にて、ピペットマンを握りしめて技術補佐員の仕事をルリルラと行っているので、あまり手広くは行うことが出来ず、流山に住む皆さんのお役に立てれば…!という施設などで、ご協力させていただいております。

KIMG2228.jpg

▶オハナゆめキッズハウス病児保育室(キッズケア ブルーム)
http://ohana-yume.jp/childcare

▶病児保育のご案内|流山市
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/19/159/017945.html

収納デザインサポート事例


■事務室

何もなかった事務室に、棚支柱をつかい、収納するものに合わせて高さを変更できる棚と、複合プリンターやシュレッダーなどを置く棚を設置しました。ピッタリサイズで設置することで無駄なく、しっかりと空間を使い切ることができます。ナチュラルカラーとホワイトで揃えることで、清潔感と柔らかな雰囲気に。

KIMG2132.jpg

KIMG2231.jpg

■スタッフ用ロッカー

スペースと予算に限りがあった為、市販の扉付きのカラーボックスを利用しました。木ダボと金具でつなぎ、転倒防止として壁に固定してあります。施設の雰囲気に合わせたナチュラルカラー、取っ手のないデザインなので、すっきりですね。

KIMG2221.jpg

■各部屋のシンク

ハンドソープを置く棚が必要とのことで、コーナーラックをご提案させていただきました、円形のデザインは柔らかい雰囲気。丁度スタッフさん用ロッカーの扉の丸みと似ていて、施設内の雰囲気の統一にも一役かってくれています。

KIMG2186.jpg

体調が悪い時に過ごす空間なので、不安を取り除けるように、少しでも優しい雰囲気、柔らかな雰囲気を提供できれば良いな…と思い、ご提案させていただきました。

流山市議会議員の近藤美保さんが、内覧会の様子を丁寧にご紹介して下さっていますので、リンクしておきますね。

■流山市(南流山)病児保育室キッズケア ブルームが開設、内覧会に行ってきました。
http://mihokondoh.net/?p=3239

お子さんが体調を崩された時、気兼ねなく仕事が休める、そんな社会になってくれるのが一番ですが、仕事の内容や保護者の体調などによっては、それが叶わない場合もあると思います。そんな時に、頼りにして欲しい「病児保育」です。

KIMG2226.jpg

保育スタッフの他、看護師さんも常駐していて、病院との連携もスムーズなので安心です。
ご依頼いただきました株式会社マザープラネットさま、ありがとうございました。




thankyou.jpg


くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply