FC2ブログ

[今週の読み聞かせ] 『ほおずきちょうちん』竹内もと代

小林 ゆう

紹介していませんでしたが、
実はずっと続いている、読み聞かせ(笑)。

娘にとって、せかせか動いている母が
自分のことを見てくれる大事な時間なんでしょうね…。
本を読んで欲しいというよりは、
その時間を大切に思ってくれているようです。

おかげで、近所の図書館のよさげな本を
ほとんど読みつくしかけてます



今回、ご紹介するのは、
竹内もと代さんの「ほおずきちょうちん」です。

亡くなったひぃおばあちゃんが、
家族の前に度々姿を現すようになり、
「なにか、心残りがあるのかな…?」と
残された家族みんなで、ひぃおばあちゃんの
心残りの原因を探すというストーリーです。

現れるひぃおばあちゃんの穏やかな雰囲気や
主人公にとっては、おじいちゃんだけど、
ひぃおばあちゃんにとっては、息子のおじいちゃん
お嫁さんのおばあちゃん。
主人公のお父さんは、ひぃおばあちゃんの孫。
そうやって続く家族の関係も
自然に描かれていて、

亡くなった家族がゆうれいとなって現れたら
怖いよりも、「どうしたんだろう」という気持ちになるなぁと
同じ気持ちになって読み進むことができました。

きっと、同じように、一緒になって、
ひぃおばあちゃんの心残りを探してしまう一冊です。
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply