FC2ブログ

【農家レストラン「けやき蔵」 新生!ふくしまの恵みプロジェクト②】

小林 ゆう

小林編集長と3名のプラチナレポーター(佐伯桃子ちゃん・COCORO.neちゃん)
が行く今回のツアーは会津地方を回ります。
(と、さも知っているように書いていますが、初対面です(笑))


最初は、会津坂下町(あいづばんげまち)にある農家レストラン「けやき蔵」に。

201309251457333f6.gif
           ↑会津坂下町はココ。

福島第一原子力発電所からの距離は100km以上離れていて
同じ県内だけど、実は原発⇔宮城県仙台市の距離よりも遠いんだそう。

確認してみると、確かに
宮城県なら利府町や川崎町、山形県なら山形市や米沢市、
関東なら、那須や日立市と同じくらいの距離になるんですね。
100kmって、かなりの距離があることが分かります。


■福島第一原子力発電所からの距離
http://foodsafety-renkei.jp/aecl/fukushima_100km.pdf


福島広いから、全ての地域をひとくくりに福島と言われてしまうのは
問題だよね、とは思っていたのですが
こうやって、改めて確認してみると、県内には、
他県の地域の方がよっぽど原発に近い地域があって、
本当にほとんど被害がなかったにも関わらず
福島県という名前だけで、苦しい思いをされている方が
沢山いるんだろうなぁと思いました…。


P9230522.jpg

普通にお住まいのご自宅でのレストランだそうで、
バスでは道が狭く入れないとのことで、みんなで歩いて行きます。


(ESSE編集部、レポーター、福島リビング新聞社、電通、
福島県農林水産部の方と…実は大所帯なツアーです


P9230523.jpg


看板もなく、本当に一般の方の普通のご自宅です!(広いですが…!)
予約しないと、食べられません。
宣伝や紹介もあまりされていない為
知る人ぞ知るの、ディープな隠れ家レストランなんだって!


P9230525.jpg

さっそくお邪魔させていただくと、野菜ソムリエの資格をもったお母さんの
心づくしのお料理がテーブルいっぱいに並んでいました。


地元の食材や、朝採りのお野菜に
手作りの塩麹や醤油麹、甘麹がふんだんに使われた
ひとつひとつが丁寧で心がこもったお料理です。

P9230527.jpg

そして、笹団子かな~、なんて思っていた包みは
ごぼうのお寿司でした。

この会津坂下町の立川地区は、ごぼうが有名なんだそうです。
地元の方は「立川ごんぼ」って呼ぶそうです。

普通のゴボウより香りが高く、味が濃いのが特徴で、
数年前から会津の伝統野菜の一つとして見直されてきたお野菜なんだそう。

■会津の伝統食 立川ごぼう
http://sozaihiroba.net/info/167

食べてみると、とっても柔らかくて、
さくっさくっと簡単に噛み切れます。
口いっぱいに、甘~いごぼうの味が広がります。


そして、どのタイミングで食べるのがベストなのか?!と
話題になったのが、「お饅頭の天ぷら」


一口大のお饅頭を衣にくぐらせて天ぷらにしたものです。
しいたけの天ぷらだとばかり思っていた私達。

(お料理が並んだ写真の奥の方に見えるお花の向かって右側のお皿にのせられている天ぷらです。
どー見たって、しいたけでしょ?!)

最初に食べたESSEの小林編集長さんが、何も知らずにかじりついて
「しいたけだと思ったら、甘くてびっくりした!」と衝撃を受けていました!


P9230529.jpg

でも、「最初びっくりしたけど、美味しい!」と美味しいお顔のお写真いただきましたぁ~


(…って、思いっきり初対面なのに、早速お写真撮らせていただいている私は何者なんでしょ?!
もう最初から、優しい雰囲気を醸し出していて、親しみを感じるESSE誌面そのものの方でしたので
ホント、お会いしてすぐに馴染んでしまいました
小林編集長にお会いしたら、きっと誰もがファンになっちゃいますね


お饅頭の天ぷらは、会津地方では、給食にも出るんだって
おかずなの?デザートなの?と聞いたところ、
どちらかと言えばデザートみたいなポジションらしいですね。
だから、食事の〆でいただくのが良いのかな?


でも、ネットで調べてみたら、お醤油をかけておかずのように
食べる方もいるようですね!あまじょっぱくて美味しそうかも
おうちでも一口饅頭で、作ってみたいと思います!


P9230530.jpg

最後は、ヨーグルトに甘麹、プルーンのソースをかけた
体に優しいダブル発酵食品のスイーツです。

うわぁ、すっごいホッとする~。
疲れが癒されちゃうようなお料理達でした。


これだけのボリュームなのに、なんと一人1,500円だそう
お得すぎる!と満場一致の感想でした。
お母さんと地元食材や作り方のお話をしながらいただく時間も素敵です。


しょっぱなから、会津って美味しい!をドカンと突きつけられました!



■農家レストラン けやき蔵
〒969-6513 福島県河沼郡会津坂下町立川金山153
tel.0242-82-2387
fax.0242-82-2387

http://gt.kouryu.or.jp/detail/07421/4049.html

隠れ家なうちに是非是非行っちゃって下さい!



今回取材した内容は、11月発売のESSE12月号に掲載されます。



thankyou.jpg


くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply