FC2ブログ

水。

小林 ゆう

宮城県の松島町に住む母から、昨晩、
”水道が復旧した”というメールが届きました。

オール電化住宅なので、電気・電話・水道が復旧してくれたことで
地震から12日後の昨日、ライフラインは全て復旧してくれました。
不眠不休で復旧に努めて下さった方々へは感謝の気持ちでいっぱいです。

9年くらい前に松島町に引っ越した実家。
海からは2km、家の横は海へと続く川という場所にもかかわらず
地震による被害はあっても、津波の被害は全くなかったようです。

地震当日の夜7時頃に交わすことができたメールでは
「川の水位は上がっているけれど、大丈夫」というものでした。

■「松島が守ってくれた」対岸の町、死者1人
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00077.htm?from=navr

松島の美しく小さな島々が、松島の町を守ってくれたんですね。
父も生前、「島がいっぱいあるから、波を緩衝してくれると思うので、津波は大丈夫なはず」
と言っていたのですが、本当にその通りでした。

全く被害がなかった訳ではなく、
海のそばは浸水による被害や、牡蠣棚などの被害はかなりあるようですが…。

実家のある地域が、津波の被害に遭わなかったから良かった、という訳ではないのですが
被害が少ない地域がひとつでも多くあることで
復旧のための大きな足懸かりとなってくれるのだろうと思うのです。

余震や計画停電の影響で、活動が鈍っている自分。
東日本全体が元気になっていく為にも、
自分も活力を取り戻さなくっちゃ!と思います。

関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 10

There are no comments yet.
-  

わたしもちょうどその記事を目にしてました。
ゆうさんのご実家は松島だったのですね。
日本三大絶景と賞賛される松島が、人の命を救うこともできたことに感動しました。
ゆうさんの亡くなられたお父様の想いがご家族を守ってくださってたのかもしれませんね。
ライフラインが復活したのは、元の生活に戻れる大きな一歩ですね。
本当によかった・・・

2011/03/24 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   
みそ  

ゆうちゃん、こんばんは。
私も昨日新聞でこの記事を読みました。
“ゆうちゃんのご実家はこの辺なのかな。よかった。”と思ったのと同時に、新聞の写真は白黒で地震後の写真のようだったけど“きっと素晴らしい景色なんだろうな。”と思ったよ。
遠くから見守ることしかできないけど少しずつ前進できるといいですね。

2011/03/24 (Thu) 18:12 | EDIT | REPLY |   
ひろぽん  

良かったですね。
無事だったという情報ひとつひとつに
うれしくなります。

2011/03/25 (Fri) 11:56 | EDIT | REPLY |   
かずえ  

私もそう思います。
自分達で出来ること
自分達だけではどうにもならないこと
いろんなことがあると思いますが
自分達で出来ることを個々にやっていけば
どうにもならないことの方へ
手が早く廻りますからね。
うまく言えないけれど
でもやっぱり被害が少なかったことは
良い事だと思います。
良かった、とホッとしてしまうのは当たり前だし。
もちろんそのホッの中には
亡くなられた方、そのご家族の方への
ご冥福を祈る気持ちも含まれいると
私は思います。

2011/03/25 (Fri) 17:12 | EDIT | REPLY |   
miki  

お父さんもお母さんを心配してるような気がします。
きっと近くで見守っていてくれてるでしょうし、元気でいてくださいね。
何不便なく暮らしている私・・・
東北の方には頭があがりません。
優しくて辛抱強くて。。。
見習わなければ・・・

2011/03/27 (Sun) 16:18 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:cherry]  さま
私が結婚してから引っ越した家なので
帰省や里帰り出産の際にしか過ごしたことがない実家ですが、
松島町にあります[E:happy01]。
これまでにも大きな地震を幾度も体験していて、
防災意識が高い地域を襲った
今回の地震と津波は本当に悲しいし悔しい…。
地震が来る前にひょいっと戻すことができたら…と
ニュースを見る度に思ってしまいます[E:sweat02]

2011/03/29 (Tue) 13:43 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:cherry]みそさま
松島の観光地のあたりまでは、実家から車で10分くらいかな。
息子が小さい頃、旦那と散歩がてら
テクテクと歩いていったりしていた場所です。
2kmくらいなので、歩いてくと30分ほどで到着。
観光地の部分は、きっとびっくりするくらい狭いんだけど[E:coldsweats01]
でも、仙台も松島も…被害が大きかった三陸町の方も
福島も岩手も青森もとても良いところです。
絶対、また、美しい東北を再建できると思うので、
機会があったら、是非遊びに来てね。

2011/03/29 (Tue) 13:55 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:cherry]ひろぽんさま
ありがとうございます、ひとつひとつですよね。
祈るような気持ちで毎日ニュースを見ています。
被災地でも、できることをひとつひとつだと思うので
こちらでも、できることをひとつひとつやっていきたいです。

2011/03/29 (Tue) 13:58 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:cherry]かずえさま
看護ができる訳でもない、
心のケアを行える資格がある訳でもない
子供達をおいて、ボランティアに行ける訳でもない…。
本当にもどかしい思いばっかりなのですが
でも、ここにいて協力できることを
ひとつでもやっていけたら…と思います。
情報が少し回ってくるようになると
自分がよく訪れていたような場所や生活していた場所も
津波にさらわれた地域であることが分かってきて…。
ほんと…言葉にならないです…。
時が違えば、私はそこに居たかもしれないと思うと
本当に人事には思えません…。

2011/03/29 (Tue) 14:11 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:cherry]mikiさま
西日本は、元気でいて欲しいです!
だから、いつもどおり、普通の暮らしを送っていてほしいと思います。
今回のことで、電気やエネルギーを使いすぎていた自分に気がつきました。
少し気をつけるだけで、ちょっとの不便さや手間を惜しまないことで
電気やエネルギーを節約できるんだ、
今まで使っていた電気は必要がないものもあったんだと気がつきました。
安心して水が飲めて、電気が使えて、電話が繋がる
ガスが使える…ということが、すごくありがたいことなんだと思います。
地震と津波の被害を思うと…気力が失われてしまうのですが…。
実際に被災地で暮らす人たちが頑張っているのだから
私がこっちで凹んでても意味がないんですよね。
被災地の人以上に、気力を取り戻して、これまで以上に活発に行かないと!

2011/03/29 (Tue) 14:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply