FC2ブログ

夏休みのお昼お助け隊~お店のようなシャキシャキ野菜炒め~

小林 ゆう

8月4日のミヤネ屋で紹介されていた「科学に学ぶ手間なし料理術」。

農学博士で横浜国立大学名誉教授の渋川 祥子先生が
教えてくれていたのですが、目からウロコの料理術でした。

http://www.ytv.co.jp/miyaneya/freetype/freetype_1164329.html


中でも早速試したものが「シャキシャキの野菜炒めの作り方」。
野菜を切ったら、電子レンジOKの容器に入れ、ラップをかけ、
野菜100gに対して600W 1分を目安に電子レンジで温めるのです。


終わったら取り出し、ラップをはずして湯気を飛ばします。


肉をフライパンで火が通るまで炒めてから、
そこに加熱した野菜を加え『30秒』炒めて完成!


この30秒が大事だそうです、炒めすぎちゃうと
折角のシャキシャキ感が失われてしまいます。


早速この方法を活用して、青椒牛肉絲を作ってみました。

CA9U6K9V.jpg

いや、もー、ビックリ!

いつもどうしてもシナっとしてしまうピーマンがシャキシャキなのです。
でもちゃんと火は通ってる!感動~!!

中華料理屋さんで食べる青椒牛肉絲だぁ!!


これは、野菜の細胞壁や細胞間に含まれるペクチンが60℃程度で
固くなるという「硬化現象」を利用しているんだそうです。


野菜100gに対して600W 1分という目安で電子レンジ加熱をすることで60℃の環境を作り出し
野菜を固くすることで、シャキシャキ感が生まれるのだそう。


料理ってまさにサイエンスね~と改めて思うテクニックでした。

きっと、「美味しい!お店で食べてるみたいだね!」って
言ってもらえる野菜炒めが簡単に出来るので皆様も是非~。


炒める時間も短縮できるので、暑~い夏のお料理としても最適です!


↑ 渋川先生の本はこちら。


くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 4

There are no comments yet.
ゆきこ  

お昼面倒だよね~
おいしそうだ!でもあたしはなぜか火を使わないと気がすまない[E:happy01]ハハハ。

2010/08/05 (Thu) 19:20 | EDIT | REPLY |   
miki  

画像をみてもいい出来です!!!
暑いし調理時間も短縮でき更に美味しいなんて。
ありがたい情報ありがとう。

2010/08/05 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:apple]ゆきこさま
私も電子レンジ料理は、美味しくないような気がして
温めたりするのしか使ってなかったんだけど
ゆでるよりも、栄養分が逃げないこととか
料理教室とかでも、電子レンジを使うことで
普通の調理よりも美味しく栄養価高く作れる料理とか
教えてもらって、活用するようになりました[E:happy01]。
今回の硬化現象は、もう目からウロコ的な
衝撃の美味しさでした[E:lovely]。
フライパンで炒めるだけでこのシャキシャキ感を生み出せる
くらいテクニックがあれば
電子レンジでの前処理は必要ないんだけど[E:coldsweats01]
いかんせんテクニックがないもので…[E:sweat02]、
もしも、機会があったら騙されたと思って試してみて!(笑)。

2010/08/06 (Fri) 11:54 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:apple]mikiさま
えっ[E:sign02]こんな簡単に、こんなに美味しいの[E:sign02]
って久しぶりにすっごい衝撃でした(笑)。
簡単なので、是非試してみて下さい~。
タニタのダイエット社食でも、
噛み応えのある食事が、
ダイエットに良いって言われているので、
一石二鳥かも…[E:happy01]。
これから、野菜炒めを作る時には
もう絶対利用しますっ(笑)。

2010/08/06 (Fri) 11:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply