FC2ブログ

『蝶のゆくえ』 橋本治

小林 ゆう


今週借りてきた本はコチラ。
橋本治さんの『蝶のゆくえ』です。


堀江敏幸さんの本を読み終わって
本の最後で紹介されていた中に
橋本治さんの本があって、

橋本治さんか!懐かしい!と思って
図書館で探してきました。


桃尻娘シリーズが大好きで(エッチな本ではありませんよ(笑))
高校時代にどっぷりはまっていたのです。
中でも木川田源一くんの話が好き(笑)。


桃尻シリーズはコチラ。

『無花果少年と桃尻娘』が高校の頃に出て、
それを読んでさかのぼってすべて読んだんだな…。


  • 桃尻娘(1978年11月15日)
  • その後の仁義なき桃尻娘(1983年1月20日)
  • 帰って来た桃尻娘(1984年10月8日)
  • 無花果少年と瓜売小僧(1985年6月18日)
  • 無花果少年と桃尻娘(1988年2月26日)
  • 雨の温州蜜柑姫(1990年9月17日)

って、まぁ、これをバイブルのように読む女子高生は
純真な感じが全く感じられず、自分の娘がそうだとしたら
ちょっと心配になっちゃうけど…(笑)。


もうちょっと普通の可愛い恋愛小説を読め、自分!!(笑)


『蝶のゆくえ』も相変わらずの橋本治ワールド満載でした。

新井素子さんが、描く 狂った人に似てる気がします。
何かが少しずれてしまった『普通』が描かれていて
それが酷く悲しい結果なのに、登場人物はそれを悲しめないというか
それが『普通』として描かれている…。


悲しいことなのに、その流れが、なんとなく
「そうなっちゃうんだな…」と思わせてしまうところに
橋本治さんのすごさがあるのかなぁ…。


それと、桃尻娘の主人公である榊原玲奈ちゃんをはじめとする
女性陣の描き方が好きなのかも。

そこらにいるような、でも、実際にいるかというとそういう人はいないような
不思議な普通で描かれているのかな…。


ちょっとなげやり、でも、普通に生きてる。
でもその普通はいわゆる普通ではないような。
そんな女性を描くのが上手だと思うのです。

「ごはん」という話を読んで、なんとなく玲奈ちゃんを思い出しました。


図書館の貸し出し期限が2週間なので、
2週間に一冊のペースでのんびり読むというのが
また自分の生活の中でしっくりはまってきました。

ちょっと忙しくても丁度読みきれる感じ

図書館に行くと、
小学4~5年生くらいの子が本を返しにきていました。

子供達もそんな風に、進んで本を読む子になってくれたら良いんだけど。


ちなみに、今、娘は
ミッフィーの本をすべて借りて読んでしまったので
くまのがっこうシリーズをいそいそと借りてきては
うっとりと読んでいます。


どうしてもゆるキャラから離れられないらしい…。


息子は、その時間サッカーなので、
全然図書館に連れて行ってないのですよね。

でも、息子の場合はもれなく恐竜モノかな…(笑)。

関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 5

There are no comments yet.
ゆりやまゆりお  

橋本治さん!
ゆりおも高校生のときに「桃尻娘シリーズ」読みましたよ。
主人公の女の子が、こころの中でずっ~とぶつぶつ言っているのがおもしろいな~と思ったのよ。
思春期特有のいらだちが、「わかる、わかる~」って思ったのを覚えています。

2010/01/21 (Thu) 22:25 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:apple]ゆりやまゆりおさま
ま、ゆりおさんも読んでましたか![E:happy01]
>思春期特有のいらだち
ああ~、玲奈ちゃん、まさにそうでしたね!
源一くんの恋愛が切なくて、
温州蜜柑姫のぼんやりしたペースが面白くて
登場人物みんなに惹きこまれて読んだなぁ…。
『蝶のゆくえ』も楽しみにチマチマ読んでます[E:happy01]。

2010/01/22 (Fri) 11:46 | EDIT | REPLY |   
ままぷり  

私も読みましたよ~。桃尻娘シリーズ!!
新井素子さんも、中学、高校の頃、よく読みました。
今、息子たちは、ハリーポッターではなく、
万学目さんの本に夢中。
ついでに私も一緒に読んでいます。

2010/01/25 (Mon) 21:25 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:apple]ままぷりさま
まぁ、ままぷりさんも、桃尻娘シリーズ読まれましたか~[E:happy01]。
しかも、新井素子さんの小説も!
私も新井素子さんの小説にがっつりはまって
ぜーんぶ、ぜーんぶ買って読みました[E:heart04]。
今でも記憶に残るのは「ひとめあなたに」と「グリーンレクイエム」。
ひとめあなたには、旦那さんをビーフシチュー(でしたよね…)に
しちゃう話とか、日常と狂気とがおだやか?に絡み合ってて
新井素子さんならではだわ~と思いながら読んでました。
万学目さん…、残念ながら知らない作家さんなのですが
息子さん達が読書好きに育ってるなんて理想です[E:heart04]。
うちも本を沢山読んでくれる子に成長してくるといいんだけどなぁー。

2010/01/27 (Wed) 12:21 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

ビーフシチューじゃなかったかな…。
記憶違いかもしれません、ごめんなさい~[E:sweat01]
とにかく煮込み料理でした。
そして、
血はゼリーにしようとか考えていたような…。

2010/01/27 (Wed) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply