FC2ブログ

小学生がいる家のインテリア・リビング

小林 ゆう

CAIXAP10.jpg

日中は子供達がぬいぐるみやら、カードやら、色鉛筆やら、持って来て、
実際にはこんな感じで遊んでいます。

引っ越してきて3年、やっとリビングもちょっと希望していた雰囲気に辿り着いてきました…。

新婚時代に買った9マスのシェルフは、
現在の希望するレトロな雰囲気とは違うので、
買い替えようかと何度か悩んだのですが、
でも、子供達や私達家族の成長を見守り、
そしてずっと私達の引越し生活に共についてきてくれた家具達なので、
簡単に手放すのではやっぱり寂しい。

なので、好みの雰囲気の中に溶け込むようにするにはどうすれば良いか…と、
悩みに悩みぬいて答えを出してきたインテリア…。

L字の棚やガラスブロックは、私にとって苦肉の策(笑)、
でも、白い飾り棚やガラス素材の雑貨は、
ナチュラルとレトロを繋ぐ存在になってくれるんじゃないかなぁ…と思っています。

9マスのオープンシェルフは子供達も簡単に手が届くのでとても便利です。
ここには、100円ショップで買った小さなブリキのバケツに入れた色鉛筆や、
アイロンビーズなども置いてあります。

アイロンビーズは、木製の箱に入っているので、
パッと見ただけではその存在に気がつかないかも。
子供用の乳液もバンソウコもシェルフに置いてあります。
実はちょこちょこと、子供用のモノも置いてあるのですが、
そんなには気にならないかなぁ、と自分としては思っています。

小さな子供がいる場合、雑貨を飾るインテリアは、
散らかされちゃうし、ごちゃつく元なので、
『実用品を上手く配置するインテリア』の方が簡単に維持できて、
すっきりと暮らせるのかもなぁと思っています。

例えば、ごちゃつかせないインテリアの為に、
実用品=インテリアのアイテム達は、温湿計やフック。
ちょっと古いものをオークションで手に入れて取り付けています。

腰高窓の下がちょっと寂しかったので、取り付けたフックは、
陶器製のもので、ぽってりとした質感がそれだけで、愛らしいインテリアです。

    canl1ma4.jpg

昔は、飾る為のモノを雑貨屋さんや
100円ショップで購入していたこともあったのですが、
そうするとなんとなくごちゃついてしまっていたように思うのです。

実用品にインテリアを求めるようになってからの方が、
自分の希望するインテリアに近づいてきたような気がします。




くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 2

There are no comments yet.
miki  

素敵な写真ですね。
お子様2人、兄妹がまたいい。
9マスのオープンシェルフも違和感無く素敵です。
小学生がいても心地いい暮らしいいですね。

2009/09/10 (Thu) 17:26 | EDIT | REPLY |   
ゆう@まいにちせいぶつがく  

[E:apple]mikiさま
毎度のごとく写真だとホント仲良さそうです(笑)。
でも、こういう日常の何気ない写真が
大きくなった時に、子供達にとっても
ちょっとした宝物になるかなぁ?なんて思いつつ
こっそり撮り貯めてます(笑)。
思った雰囲気よりもナチュラルるるる~なシェルフに
買い換えるか、色塗り替えちゃおうか、などなど
かなり悩んだのですが、このままで行くことにしました。
手持ちのものを活かしつつ…と思うとムズカシイですね… 。

2009/09/10 (Thu) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply