FC2ブログ

「捨て上手」ではなく「使いきり上手」でスッキリ収納をめざせ! ~節約ノススメ*エトセトラ~

小林 ゆう

明日必着で写真を撮ってねというご指令だったので
ちょこっと(かなり)お片づけをして写真を撮りました。

片付けてると、汚れが気になって結局掃除…(笑)。
おかげさまで、年末の大掃除を一ヶ月前に終わらすことができました…。

そして、しっかりキレイにしたわ~!!と思ったのに
旦那が見て一言…「いつもとそんなに変わんないよ」。

…うっ、すごい片付けたのに…と一瞬ショックに感じたのですが
でも、逆に考えれば、常に同じように
片付いているイメージなのかな…と思えば、嬉しいことかもしれませんね。

もともと「かくれんぼ収納」で表に出ているものは少ないから
片付けてもそれほど変化ないのかもしれません。


捨て上手は、片づけ上手?

お片づけをしよう!と思った時に、
「まずは捨て上手になろう」という言葉を耳にすることがあります。
うんうん、不要なものを処分するのはまず大切な第一歩だと思います!

でも、捨て上手での「お片づけ上手」になるのは、
節約生活から考えると得策ではないのかな~と思います。

…なーんてね、分かった風なことを言っていますが(笑)
私も昔はとにかく捨ててました。
転勤引っ越し生活だったので、2年おきくらいに引っ越しがあって
…で、その引っ越しの度に
「うーん、これ結局使わないから…捨てちゃうか…」って
捨てることが多かったのです。

でも、捨てるの前に大抵は必ず「買う」という行為がありますよね。
捨てる行為の前の「買う」は節約生活にとって大敵ですよ(笑)。


捨てるではなく、使い切る

いらないから捨てる、ではなくて
まずは、ちょっと不便でも、不要でも、
「それを使い切る」ということをするようにしました。

折角大切なお金を出して購入したものですから
本来の目的とは違う使い方となったとしても
とにかく使い切るようにしました。

例えば、シャンプーとリンスをセットで買うと、
リンスだけ残ってしまったりしませんか?

残ってしまったリンスは、お洗濯の柔軟剤として使うことが出来ます。

大量にあって使わないスティックシュガーは
調理用のお砂糖入れにすべて開けて入れて使うようにしたり…

衣類も、キレイで誰かに使ってもらえそうであれば
オークションに出品したりお下がりであげたり
もう誰にも使ってもらえそうにないデザインのものは
リメイクするか、小さく切って掃除用のウエスにします


そのうち、使い切ることが当たり前になってきて
捨てる(本当にただただゴミとして捨てる)ものが減りました。
それと同時に徐々に「本当に必要なものしか買わない」という
癖もついてきました。


”あったら便利かも”は買わない

使いきりの為には、色んな工夫があります。
以外と代用できるようなものもあったりして
「あったら便利かも」という程度のものは買わないようにして
「絶対必要なもの」のみを買うようにしました。

「天然生活」という雑誌を読むようになって
ちょっと不便でも、そんな暮らしが良いかも…と思うように
なってきた意識の変化もあるのかもしれません。

「家にあるものを使い切り」、そして「絶対に必要なものと思えるものを買う」 

もしも、買ったものが少し不便で必要じゃなくなったとしても
とにかく使い切ります(もしくは、キレイにクリーニングして
必要な人にオークションなどで譲ります)。

これを心がけるようにしたら、
死蔵品がなくなってきて、収納もスッキリ
部屋もスッキリしてきました。

生活に本当に必要なモノだけに囲まれる暮らしは
きっとシンプルでスッキリしているんだと思います^^。





ブログへ遊びに来ていただきありがとうございます!
もしも宜しければ、ポチリしていただけましたら嬉しいです。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

片づけ・収納&流山の情報!参考になります

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 

関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply