FC2ブログ

しつけかぁ…。

小林 ゆう

他の方のブログでしつけについて話していらしたので、
フト、しつけについて考えちゃいました。

なんか、「しつけらしいしつけ?」は
取り立てて我が家ではやっていないんですよねぇ…。

もちろん、危ないことをやっていたり、
迷惑だなぁと思うコトは言いますよ^^。

「ドアで遊んでたら、指はさんで怪我するからね~!」
「夜中に走り回らないの~!下の人はもうねんねしてるんだよ~!」

でも、そんなにてこずることはない。

ワタシの発言は子供達にとって、まぁ納得できる内容らしく、
それはそうねと受け入れてもらえることがほとんどなので…。

そして外出した時でも、大騒ぎすることも滅多にないのですよね…。


子供達の性格が大きなウェイトを占めていることなだけなのかもしれないけれど、
ここまでの育児の中で、守っていることがあります。

それは、「嘘をつかない」ということ。
どんな些細なことでも、嘘はつかない。
言ったことは守る。

それが、本当にどんなに些細なことでも。
一時凌ぎの嘘や、子供だましの発言は絶対しないようにして
子供と付き合ってきました。

言葉をしっかり理解できない時期から…イヤ、生まれたその時から。
1人のヒトとして、お付き合いしてました。

どんなにぐずったり拗ねたりしても
解決策を提示してあげれば、あっさり納得してくれたり
気持ちが治まらないようだなという時には、ただ抱きしめてあげたりして
それだけで、結構落ち着きを取り戻してくれたりして。

それと、まだ3歳と2歳の子供達は、とにかく、
周りにいる大人のまねっこで行動を学習しているので
しつけをするというよりは、自分の行動を正すということが
(というか、やって欲しくないと思う行動は絶対にしない)
一番簡単にできるそして子供達に負担のかからないしつけなのかも?
って思っています。

(行動範囲の広がった児童には向かない考え方ですね^^;
えーと、幼児期の場合だけです)

そんなこと言ったって、
TVなんかで色んなことを学習しちゃうから…という場合には
子供だけで見せるんじゃなくて、一緒に見ながら、
これは良くないなぁなんてことが映ったら

「ダメなことをやってるね、良くないね~」って
さらりと学習に使っちゃえばいいことかなぁと。

うーん…旦那も私も、超マイペースペガサス同士で、
基本的欲求が満たされていれば幸せかも…☆なんてタイプで、
その子供達だから、あまり苦労していないダケなのかなぁ…むむむ。

だとしたら、一般的にはなんにも役に立たないことを綴っているのかもしれない
…だとしたら…スマソ。

ママひとりで子育てしてて、しつけなんて思うと余計負担が増しちゃうよね。

他人を傷つけたり、陥れたり、
生物の命を殺めたり…すごく不快にさせるようなことさえしなければ

その子が幸せに生きていける方法を一緒に探してあげれば良いことなのかなぁ
って思います。

だって、個性色々なんだよ~。

確かに学術的にノーマルと括られる範囲ってあるけれど、
そこから外れる個体だって必ず存在するわけなんだし…。
外れたからダメという訳ではない。
外れることがタブーならば、
生き物は無性生殖で同じ生物をどんどんコピーしていけば良い訳でしょ?
でも、すべてがそうではないんだから。

まぁね、ヒトは社会性動物だから、
あまりにも離れると、仲間に入れてもらえず困ると
いうこともあるかもしれないけれど…。
でも、そういう個体が生じるのも、当たり前なんだよね。
ヒトは有性生殖してるんだし…^^;。

ヒトも動物ですから…ねっ。

関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply