FC2ブログ

浄化槽から下水道への切り替え ~工事会社を決めました~

小林 ゆう

我が家は18年前に7棟で分譲された建売住宅で
7棟は袋小路に建てられています。
7棟+ご近所の2軒が自治会の同じ班になっています。

複数の工事会社にお願いすると
それぞれの工事日の日程の調整なども必要になってしまう為
いっそのこと班の家全部で同じ会社に工事を依頼しようと決まりました。

そして、浄化槽のままだと側溝の掃除をいつまでも
やらないといけないので
早い段階で下水道への切り替え工事をお願いしてしまおう!と
話はまとまりました。

自治会のお掃除の日に全てのおうちの人が
見積もりを持って集まり
説明が丁寧で好感が持て、見積もりも図面も正確に出してきた
会社にお願いすることに決めました。

この7棟の建売住宅は、色や雰囲気が結構違うので
初めて来た人だと建売とは思わず
それぞれが注文住宅だと思うことがあるようなのですが
実は同じ住友林業が建売した家なので構造は基本的に同じなのです。
なので、基本的には似た内容の工事になるハズ。
決めた会社の見積もりが一番ばらつきのない金額になっていました。

バラツキのない見積り額であることが
正確に図面を引き、適正な見積もりを出しているからであろうということになり
それも大きな決め手になりました。

見積もりを出してきた会社4社の詳細は…。

・A社(見積り額13万円)
 でも、図面の正確さに欠けていて、図面どおりでの工事内容では
 最終的な市のチェックに合格しないものでした…。
 後日再度訪問してきた時に他の会社に決めたことを伝えたら
 うちは「11万円でやります!」と言ってきましたが…。
 安かろう悪かろうになりそうでちょっと怖かったので、
 他のおうちの方とも意見が一致し却下。

・B社(見積り額21万円)
 でも、お向かいのおうちとまるっきり構造が一緒なのに
 見積り額がうちとおむかいとで違う!
 (希望する工事内容は一緒です)
 同じ班内でも、金額がマチマチ…。
 説明もわかりづらかったので、却下。

・C社(見積り額47万円)
 配管総取替えで見積もりを出してきました、ナゼ?!
 (こちらの希望は最初に伝えてあります、
 配管総取替えが必要である理由が
 勾配をつける必要があるからと言われたりと、
 ちょっと納得できない部分も…そんな工事は必要ないのですが、
 と断ったらもう一度見積もり作ってきてくれ、そちらは21万円でした。
 単なるうっかりミスなのかもしれないけれど、
 可能なら必要ない工事をしてでも儲けよう!という感じにも取れ、
 ちょっと嫌な感じが…^^;)
 こちらも班内で金額マチマチ。
 大きな会社みたいなのですが、どのおうちも
 感触はイマイチだったようで却下。

・D社(見積もり額21万円)
 あまり大きな会社ではないみたいなのですが、 
 説明が丁寧で理解しやすかったと一致。
 班内で金額の大きな違いがあまりなくて
 正確に見積もりを作っている感じがし、
 こちらの会社にお願いすることになりました。

浄化槽の位置と公共桝までの距離が比較的近いので
比較的安い金額で工事ができると思いますとのことでした。

ただ、我が家は、浄化槽がカーポートの真下にあり
カーポートが全面タイル貼りなので
タイルの貼り直しにお金がかかり、21万円という価格に…。

みんなで同じ会社にお願いしましょう!と決め
確かに安心して工事をお願いできそうな会社を選ぶことはできたけれど
21万円という金額は、
我が家にとってはかなり痛~い出費です…^^;。

(なにせ18年前の分譲地なので、
他のおうちの皆さんはみんな40~50代、
我が家と比べれば格段とリッチな生活をされていると思います。
節約倹約~で無理無理家買っちゃってますしね、うち…(笑))

聞く耳もってくれてそうな穏やかな社長さんだったこともあり
少しでも安く工事してもらおう!と
カーポートのタイルの貼り直しは自分でやることにして
その部分を削ってもらい
↓その時の話はこちら
カーポートのタイル貼りもオクサマDIYで人件費を浮かそう
結果15万円で工事をお願いすることになりました。

関連記事
Posted by小林 ゆう

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply