ARTICLE PAGE

【打込棚ダボを使ってトイレ収納の棚板を増設。】

トイレ収納の見直しを行っています。

トイレに作り付けの収納があるのですが、可動棚のダボの位置がイマイチで
空間を使い切れていなかったので、
棚ダボ穴をドリルドライバーであけて棚の位置を変えようと思いました。

ドリルドライバーが使えない!


KIMG3530.jpg

が、収納の幅が狭すぎてドリルドライバーが入らず
穴があけられない…という事態に!

棚ダボ穴があけられない時の強い味方

そんな時はこれっ。

dabo1.png

打ち込み式や、ねじ込み式の棚ダボです。

KIMG3532.jpg

今回はこちらを使用。

KIMG3537.jpg

狭いとはいえ、トンカチなら充分作業できるスペースがあります。

KIMG3533.jpg

とんとん、とんとん…。

KIMG3538.jpg

片面完成。
一段につき4ヶ所取り付けます。

KIMG3539.jpg

ホームセンターには色んなパーツが揃ってますねー。
収納したいものに合わせて、2枚の棚板を設置することができました

希望の位置に棚ダボの穴があいていれば良いのですが、
我が家のように希望の位置になく、
しかも電動工具が使えない(電動工具がない)!という場合には
こんなパーツを使うのもおススメです。





thankyou.jpg


くらしとわでの活動や講座、ワークショップのお知らせはfacebookページで行っています。
くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室FBページはコチラ

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 流山情報へ
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらしとわの最新情報をお届けします

Twitterで@kobayashiyouをフォローしよう!

Comments 0

Leave a reply