ARTICLE PAGE

【Panasonicのこれまでの100年、そしてこれからの100年、ワクワクするようなドラえもんの世界がそこに!】

2018年3月に創業100周年を迎えるパナソニック。

P8255142.jpg

はじまりは、家庭で唯一の電気だった、電灯を2つに分けて、
電灯以外の家電を使えるようにした「2灯用クラスター(2股ソケット)」の販売からだったそうです。

きっとみなさんもご存知のように、昭和、平成と流れる時の中で、
ラジオ、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、クーラー、ステレオ、ビデオデッキ…。

この100年の間に、驚くようなスピードで電化製品は便利になっていきました。

私が小さな頃は、ブラウン管のTVでした。
叩いて直す、なんてことまではなかったけれど、
ちょっと電波が弱ければゴーストが見えるのは当たり前

液晶テレビになって、地デジ化して、どのチャンネルも、鮮明に見えるようになったのなんて
実はごく最近のことなんですよね。


家電は家事シェアのひとつの担い手に!


これまでの100年の歴史と、これからの100年をCreative!するパナソニックを覗いてきました。

P8255147.jpg

これまでの100年の中で、洗濯機の誕生は、私達を洗濯から解放してくれ、
冷蔵庫の誕生は、私達を毎日のお買い物から解放してくれました。


これからのPanasonicの100年は、さらに踏み込んで、
「家事シェア」のひとつの担い手としての家電に挑戦していきます。

P8255175.jpg

P8255151.jpg

これからの洗濯機は、洗濯モノの量に合わせて、洗濯用洗剤を投入してくれます。
買ってきた洗剤をここに入れておけば良いので、洗剤を置いておくスペースも不要になります。

P8255179.jpg

食洗器も、庫内はより使いやすく、
ワンプレートの食事に使うような大きなお皿も沢山入るように進化。

これまでの曲線デザインから、よりスッキリなスクエア型に。

P8255199.jpg

電子オーブンレンジは、この中に豊富なメニューが詰まっているから、
お料理本を見る必要がないくらい。

時間が足りなくて、写真を撮り忘れてしまったのだけれど、
お掃除ロボは、私たちに代わって、床をキレイに掃除してくれる。


21世紀はやっぱりドラえもんの世界がひろがっていくんだ…!


ほんの数年であってもどんどん進化していく様子に、
子どもの頃に読んだ漫画が現実のものになるのも夢じゃないんだろうなぁと思いました。


Panasonicがこれから描く100年---。



TV-CM「MONO・GATARI(もの・がたり)篇」120秒の特別バージョンは、

テレビ東京系列6局ネット
8月25日(金)21:00-22:48「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
日本テレビ系列29局ネット
8月26日(土)21:00頃「24時間テレビ40ドラマスペシャル」
テレビ朝日系列24局ネット
8月27日(日)21:54-23:00「サンデーステーション」
フジテレビ系列26局ネット
8月27日(日)21:00-21:54「日9ドラマ「警視庁いきもの係」
TBS系列28局ネット
8月30日(水)19:00-21:54「V6の愛なんだ2017史上最高の夏まつり!」

で放送予定だそうです。

家電が支える、そして変えていく私たちの今と未来を是非覗いてみて下さいね。

(実は時間が足りなくなるくらい、色々と聞いてきたので、
そろそろ、買い替えを検討している家電がありましたら参考にしてもらえるように、また別にレポしますね。)
関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらしとわの最新情報をお届けします

Twitterで@kobayashiyouをフォローしよう!

Comments 0

Leave a reply